ご案内

写真 医療法人 宮下眼科医院のホームページへようこそ。
当院は開院以来、安心して通っていただけるよう、患者様に寄り添った医療を心がけてまいりました。
今後も地域のかかりつけ医として、愛される医院を目指します。
末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。

お知らせ

2021.10.17
2021年11月の診療予定を作成しました
2021.9.18
2021年10月の診療予定を作成しました

もっと見る

新型コロナウイルスへの対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策として、当院では従業員による通常の感染症対策(標準予防策)を徹底していますが、受診する皆様へも「事前の体温測定」、「咳エチケット」や「手指衛生」へのご協力をお願いしています。のどの痛みや風邪の症状がある場合は、必ず受付でその旨をおっしゃってください。
また、接触感染のリスクを減らすため、院内の備品には必要以上に触らないよう、ご協力をおねがいいたします。

【発熱、咳やくしゃみ・鼻水などの風邪症状がある場合】
▼ クリックで展開

【目の充血や目やに・呼吸器症状のある場合】
▼ クリックで展開

 
【公益財団法人日本眼科学会 ・ 公益社団法人日本眼科医会によるQ&Aからの引用】
【Q. 外出を控えるように言われていますが、眼科を受診しても大丈夫ですか?】
▼ クリックで展開

【Q. 普段から定期的に眼科に通っているのですが、どうすればよいですか?】
▼ クリックで展開

その他のQ&Aについては下記をご参照ください。
新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について(国民の皆様へ)(213KB)
公益財団法人日本眼科学会 ・ 公益社団法人日本眼科医会
 
【小さなお子さんのマスクについて】
小さなお子さんは、息苦しさや体調不良を訴えることが難しく、自分でマスクを外すことも困難です。また、正しくマスクを着用することが難しいため、感染の広がりを予防する効果はあまり期待できません。むしろ、マスクによる危険性が指摘されています。特に2歳未満の子どもでは、より危険性が高まると考えられています。

そのため、現時点では 2歳未満のお子さんへのマスク着用は推奨されていません
(ただし病児保育では同室内での感染拡大防止の観点からマスクの着用をお願いするときもあるとのことです)

小さなお子さんは保護者とともに、人との距離(ソーシャル・ディスタンス)を保つなどにより、感染の広がりの予防をすることも大切です。
周りの方も、マスクを着用できないお子さんへの配慮をお願いします。
(参照:日本小児科医会ホームページ

感染症対策の情報提供ページへ

医院概要

診療機関名 医療法人 宮下眼科医院
所在地 栃木県宇都宮市南大通り 1−2−4
TEL 028-633-6439
診療日 月 / 火 / 水 / 木(午前のみ) / 金 / 土(午前のみ)
休診日 日曜・祝日 / 木曜午後 / 土曜午後
理事長・院長 宮下 浩
副院長 宮下 博行

外来担当表

写真 院 長:宮下 浩
副院長:宮下 博行
非常勤医師:渡邉 智子(獨協医科大学)

2021年7月から上記の担当医に変更しました。

臨時休診となる場合がありますので、診療案内のページをご確認ください。

診療案内ページへ